Past Play

About Nylon100℃

ナイロン100℃の前身となる“劇団健康”は、1985年、当時のインディーズバンドブームの中心的存在にあったバンド、“有頂天”のボーカルを務めていたKERAを中心に、犬山犬子(現:犬山イヌコ)・田口トモロヲ・みのすけらによって旗揚げされた。同劇団はナンセンスコメディを中心とした本公演14作品を上演し、高い評価と人気を得るも、1992年に解散。
翌1993年、再びKERAを主宰として、犬山犬子(現:犬山イヌコ)・みのすけ・峯村リエ・三宅弘城・今江冬子・藤田秀世・手塚とおるらで、ナイロン100℃を立ち上げ、そのファーストセッションとしてインタラクティブテクノ活劇と銘打った「予定外」を上演する。
以降、劇団健康から培われてきたKERAの劇作によるナンセンス・コメディは、ナイロン100℃の舞台で完成を得ていくこととなるが、公演をセッションと称することにも表れている通り、個性的なレギュラーメンバーに加えて、斬新な客演陣の参加によって創造される舞台は毎回新たな試みがなされ、ナンセンス・コメディという枠にすら囚われない。シチュエーション・コメディ、ダンスや映像にコントなどをミックスしたライブ的作品、また、別役実とモンティ・パイソンのミックス、女優だけによる西部劇等々、その作品群は多種多様である。現在も様々な作品を多様な公演スタイルで提供しつづけている。